雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

志体という百人に一人の才能の希少性とは

と、タイトル通り、ふと考えたことをメモ代わりに。
Q&Aにありましたが、志体の持ち主が自然に生まれるのは100分の1とのこと。
志体の持ち主同士の子供の場合は、この確率が二分の一程度になるそうですが
とりあえず、通常に生まれる場合の「1パーセント」に関して考えてみましょう。

学校のクラスが40名弱だとすると三クラスに1人いる割合。
……わかりにくいですね。
いろいろな割合を見てみましょう(調べてみましょう
毎年の高校卒業者総数が大体100万人
そして、一応日本の最高学府と言われる東大の入学定員が大体3000人
それだけでみると大体、0.3パーセントというところでしょう。
……高校を卒業して働く人もいるわけですし、これも客観性に欠ける数値でしょう。
人口10万人あたりの100才以上の生存数。
男性が1600人と少々、女性は7000人とちょっとだとか。
100才以上まで長生きする男は1.6パーセントということですか……。
ますますわかりにくいですね(笑)

高校球児の中でプロになれる選手は、500人に1人
日本のJAXAが募集した宇宙飛行士の倍率が250倍以上
……昔のモー娘。だかの倍率が1500倍以上だとかは参考になりませんか、そうですか。

なかなか100倍の倍率、100分の一というものでピンと来る物はなかなかありませんね。
……ああ、某家電量販店で無料になる確率が、たしか100人にひとり………
うーむ、参考になりません(笑)
ともかく、希有な才能であることは確かでしょうが、それほど少ないわけではなさそうですね。
ちなみに天儀には2800万人の人口があるそうです。
単純にこのうち100人に1人が志体持ちではないでしょうが、指針として試算すると。
28万人の志体持ちがいるということですな。
今回のジルベリアイベントで、登場した開拓者は1000名程度。
まだまだ沢山志体を持つ人間はいるということでしょう。
ということで、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/25(木) 23:59:59|
  2. 舵天照関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舵天照考察シリーズ その1 開拓者の性能

唐突に思いついたシリーズ記事~
というか このブログ見てる人いるのか?(笑)

まぁ気を取り直して第一回目。
今日は、開拓者の基本性能はどれくらいなのか、というイメージのお話。
志体や仙人骨といわれる資質を持った人間の能力の話ですな。

それはどれくらいをイメージすればいいのか。
開拓者に関しては、リプレイでもなんども超人であると描写されているようです。
しかし、超人にもピンからキリまであるわけで。
それをちょっと掘り下げてみようというのが今回の記事の目的なのであります。

皆さんは、超人というとどういったレベルを考えますか?
漫画や映画なんかでも、最近は超人が多いわけで、
いろいろなイメージソースが存在します。

しかし、開拓者がどのレベルかというと、なかなかに難しい。
ドラゴンボールのように、空をぎゅんぎゅん飛び回り、かめはめ波で地球を破壊したりは出来ないでしょう。
しかし、一般人に毛が生えた程度のパワーでは、アヤカシ相手は心許ないでしょう。

超人、というわけですから、人間としての限界を超えることがまず一つの前提でしょう。
つまり、人間の限界レベルの運動能力、いうなればオリンピック選手クラスの実力は
開拓者であれば、通過点なのです。
といっても、開拓者には向き不向きがあります。
全部の能力において、オリンピックレベルを超えるのは難しいでしょう。
ですが、本気の開拓者、しかも得意な能力においてならば、人間以上のレベルであると言えるわけです。

漫画で言うなれば、グラップラーバキ、るろうに剣心、史上最強の弟子ケンイチなんかが目安でしょうか。
力で言うなら、拳で身の丈ほどの岩を割ることは可能でしょう。
 バキであったように、黒曜石の岩を拳で削って、球体を作り上げたり。
 るろ剣であったように、大砲の弾を真っ二つに斬り飛ばすのも可能かも知れません。
脚力で言うなれば、木々の幹を蹴って枝を跳ね回る速度で動く忍者漫画のレベルでしょう。
 現実でも、パルクールの達人なんかは、壁を蹴ってかなりの高さを駆け上ります。
 開拓者であれば、三角飛びを繰り返して壁を駆け上がることも可能でしょうし
 空中でけり技の応酬なんかも可能でしょう。
武器戦闘に置いては、格闘ゲームの達人たちのレベルが基本だとみてもいいかもしれません。
 怪力の剣士ならば、漫画ベルセルクレベルの膂力で、まわりをなぎ倒せるでしょうし
 速度で言うなれば、瞬間で数十発を叩き込む泰拳士
 または、るろ剣レベルの必殺技を繰り出す感覚に近いかも知れません。

もちろんこれは演出や表現レベルの話であります。
戦闘は不公平が無いように、基本ルール的な判断がなされた上でマスタリングがなされるのです。
ですが、やはり演出もWTRPGでは重要なわけで。
ルールを逸脱しない範囲では、表現は可能な限りかっこよく描かれて良いと考えています(笑)

ということで、戦闘描写は好きなんで、どう描けばいいのか修行の日々となります。
では今日はこの辺で。
  1. 2010/02/01(月) 22:48:55|
  2. 舵天照関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。