雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の訪れ

最近寒くて、キーボードを打つ手も震えます。
……温いキーボードとか、冬用に発売されないかな。
そんな事考える今日この頃、皆様は風邪などひいてませんか?
俺はばっちり鼻風邪でございます。

さておき。
これだけ寒くなると季節モノでさむーいシナリオもやりたくなりますね。
なにかアイディアを考えるとしましょう。
ワタクシ、故郷ははるか北の国。かの試される大地なので、
うぃんたーすぽーつの類のネタでも出してみるのも良さそうですな。

ってことで、10月最後の日。
ハロウィンなので、一応ブログをつけておこうかと。
ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 01:43:37|
  2. 日々の呟き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

獣人とはなんなのかの考察

最近舵天照でも、獣人族のキャラを見かけるようになりました。
そこで、ふと最近想ったことをつらつらと。
多少きわどい話にも触れるかもしれませんので、ご注意を。

舵天照に登場する獣人は「獣の人」でありますが、あくまで一部分だけにその特質が現れます。
こうした動物耳やら羽付き、しっぽ付きというのは、日本ではよくあるキャラですよね。
キャラ付けをしやすくなるでしょうし、特徴を盛り込むことでロールプレイも容易でしょう。

こうした一部だけ動物というキャラのベースはどこなのか?
自分が思うに、昔話に登場する「動物が化けた人間」がそのベースなのではないでしょうか。
化け猫は尻尾と猫目。狸は尻尾、狐は化け損なうと髭と尻尾が露見する。
日本が寛容なのは、こうした存在との古くからのつきあいがあるからかもしれません。

ですが、一方海外では。
といってもアメリカの、それもコアな趣味に関わる話になりますが。
いわゆる動物萌えというものが存在するらしいのですが、それは多少日本とは違います。
動物化した人間というのでしょうか。頭は完全にその動物というキャラが数多く存在します。
そこでふと思ったこと。
日本でも、こうした動物キャラはそれなりには登場しますが、
この分野はどうも西洋の方が強いように思うのです。

日本だと‥‥キャラクターが犬の名探偵ホームズあたりが有名でしょうか?
ちなみに、キャラが犬になった理由はイタリア側からの要請だとか。
海外だと、バッグスバニーとかもその一種に入るでしょうし
そもそも、しゃべる二足歩行の動物という意味ではディズニーキャラもその仲間でしょう。

では、ここで前提。
日本では、全身獣的なキャラは受けないが、海外では受け入れられている、としましょう。
なにがその原因なのかを考えてみましょう。
もちろん、日本でも全身動物的なキャラが好きな層がいることは知っています。
ケモナーとか言うそうですね。
ですが、やっぱりメジャーどころでないような気がするので、考えないでいきましょう。

西洋諸国で、動物キャラが受ける理由。
それにはとある原因から派生する二つの側面があると思っています。
それはキリスト教文化圏にある、人間だけが生物の中で特殊であるという意識です。

欧米では、人間と動物はかなり距離の離れた存在であると考える風潮があるように思います。
人間だけが特別である。動物であるとも言えるが、人間はその中で唯一絶対のものである。
そうした意識があるとすれば、人間的動物キャラというものに込められた意味が見えてきます。

それは、キャラクターを人間から遠ざけると言うことです。
獣耳キャラとの差を考えてみて下さい。
獣耳程度のキャラクターであれば、人の一種として日本人は捕らえます。
あくまでも特殊な萌え要素のくっついた人間とみるわけですね。
海外の価値観では、動物キャラはそういう世界の住人であっても人間ではありません。
獣耳キャラは海外では、動物キャラの一種として見られているのかもしれませんね。

海外では、獣の着ぐるみフェチという不思議な趣味の集団がいるそうです。
こういうのも、獣化=人からの脱却 と考えると、妙に納得できるような気がします。
人間的な価値観からあえて逃れたいとおもう場合、受け皿としての動物化キャラが存在する。
それが人間のカリカチュアとして活かされているのがディズニーなど海外アニメで、
アンダーグラウンドの世界では、あえて人間社会の道徳観を破るために活用されている。

ふとそんな風に感じたのであります。

もうちょっとつめれば、面白いことが書けそうですが、とりあえずはメモ程度に。
ここらへんの海外のフェチは調べれば調べるほどディープなので
……ちょいと厳しいですな(笑)
では、今日はこのへんで。
  1. 2010/10/21(木) 00:00:00|
  2. 文章・考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。