雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小市民な探偵 パーネル・ホール「探偵になりたい」感想

最近、気候が安定しませんね。
暑かったり寒かったり、台風が来たりといろいろ大変なことでしょう
どうぞ皆さんご自愛くださいませ

さて、外に行こうにも天候が許されないときは読書のチャンス
……素晴らしき電脳世界とニンジャたちの闇を描く『ニンジャスレイヤー』……
ではなく(笑)
名作の『探偵になりたい』 著者はパーネル・ホールですね

ミステリ系の名作は数が多く
恥ずかしながらこのシリーズは名前しか知りませんでした。
相方さんに貸して頂いたので、さらっと読んでみまして
なかなかに軽妙洒脱で面白い。これは継続して読まねば、という感じ

追記の方に詳しい感想でも。
[小市民な探偵 パーネル・ホール「探偵になりたい」感想]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 22:28:59|
  2. 読書感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学園モノの利点に関する考察

日曜日の朝、ルパッチマジックタッチゴー シャバドゥビタッチヘンシーン を見つつ、思い出してブログ更新と~

朝からふと思いついた、なぜ学園モノが作品世界として多用されるか
その一つの側面を考えて見ます。

結論は、学校というのは閉じた世界だから、ということです。
閉じた、というとイメージが悪いかも知れませんが、
完結した世界、と言い換えても良いでしょう~

続きは追記にて
[学園モノの利点に関する考察]の続きを読む
  1. 2012/09/16(日) 08:36:34|
  2. 日々の呟き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作者から分離するキャラクターに関しての考え

さて、またなんだかややこしげなタイトルですが、
今日は、ふと思った事から膨らまして一席ぶってみようかと思います。
WTの新作、エリュシオンではTRPG版が作られるそうですね
その際、TRPG版には多くのNPCがWTRPG版から参加するでしょう
もしかすると、ゲームに参加してるPCもそこに加わることがあるかもしれませんね

ですが、ここには一つ問題点があります。

それについて語ってみたいと思います。

またしても結論から先に触れますと……

「MSたちが作り出すNPCとPLが作り出すPCたちには決定的な差が潜在する」
「キャラクターが作者の手を離れること、それに関わる差を理解する必要がある」

では論を展開していきましょう。


[作者から分離するキャラクターに関しての考え]の続きを読む
  1. 2012/09/10(月) 23:42:39|
  2. 日々の呟き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツンデレに潜む問題点について

と、タイトルはセンセーショナルに。
そして本文はわかりやすく、結論を先に述べる。
これが、読まれやすい記事の基本だとかw

今日は、ちまたに氾濫するツンデレというキャラクター要素に関して
WTRPGという世界での見方を中心に、考察してみましょう。

結論だけを先に言いますと、 WTRPGにツンデレは向いておりません
複合的な属性を取り入れるか、よほどPL・MSの腕が良くなければ
ツンデレキャラは、非常にマイナス的な側面があると、言えましょう。


[ツンデレに潜む問題点について]の続きを読む
  1. 2012/09/09(日) 20:08:31|
  2. 日々の呟き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そういえば、昨日の記事のサンファイア

従兄弟が、こんどのウルヴァリンの映画に出てくる
ウルヴァリンの婚約者のヤシダマリコと、シルバーサムライらしいですよね。
サンファイアが出てくる作品はほとんど読んでないので詳細は知らないですが。
ウルヴァリンの映画は今撮影中らしく、アメコミ系のサイトでは日本ロケの写真がちらほら
楽しみですねー、どんなトンデモjapanになるのか。

サンファイア、旭日旗っぽいデザインの昔のバージョン
頭は、武者鎧の前立てっぽい頭のデザインだったりで、なかなか和風で強そうですね。
AOA、エイジオブアポカリプスのシリーズ版では
たしか白塗りの仮面に額に日の丸という、なかなかとんがったデザインだとか
アメコミのヒーローはデザインの変遷とかも楽しいですよね

さて、今日もこんな縮小更新と。
また、なんか考察記事でも考えよう。
あしたの記事は、ツンデレについてか、ラッキースケベについてにしようっと
  1. 2012/09/08(土) 19:54:24|
  2. アメコミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑い暑い暑すぎる!

今日は縮小更新でおま。
次の日になってから更新したのは秘密。

九月に入ってもまだまだ暑いですね。すこしはマシになったきもしますが。
暑い……暑いと言えば、炎ですよ
アメコミには炎をモチーフや能力にしたキャラが大勢登場しますよね。

有名どころじゃ、X-MENのパイロとか
個人的にはファンタスティック4のヒューマントーチも好き。
「FLAME ON!!」のかけ声が特にお気に入りだったり。
あとはサンファイアというX-MEN系の作品によく出てくるヒーローがいますね。彼も面白いデザイン。
彼は日本人なのですが……放射能系の炎、核エネルギーがキーになる能力なのです。
生まれとか、そういうのもそうですしね。そのため、これからさき日の目は見ないのではと思ったり。
でも、放射能タイプの炎、っておそらく「ゴジラ」シリーズからの発想なのでは、とおもったり。

ということで今日はこの辺で。
  1. 2012/09/07(金) 23:59:59|
  2. 日々の呟き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガリガリ君なんて、何年ぶりだろう

今日、ふらりと寄ったコンビニで、アイスクリームコーナーにあった黄色いヤツ。
食べてみました。
うん、普通にコーンポタージュ味。というか予想通り。
唯一予想外だったのは、コーンの粒が入ってたこと(笑)
なんじゃこりゃ、って一瞬思いました。

で、その後で販売休止だとか知って、おやナイスタイミング、と思ったのですが。
食後の感想をTwitterにぺちぺち打ち込んで暫くして、相方さんから電話が。
「コーンポタージュ味買ったよ~。味、普通……(落胆)」
おお、シンクロニシティですな。
あと、なんで落胆してるんですか、何を期待してたのですか。
「だって、こういうネタお菓子、もっとパンチがあっても良いハズ」
うん、この前飲んだエスプレッソーダは、パンチがあって、微妙に美味しくなかったですもんね。
「あ、まだ買い置きしてある塩スイカ味のペプシ残ってるからー」
ぎゃーす。

そんな感じでした。
まぁ、毎年いろいろなネタな飲料、食料が出ますよね。
正直、口コミやこういうブログ、Twitterでの盛り上がりで、初動でごそっと売れたら、
あとは、その一時期の盛り上がりだけで終わっても良い気がしますね。
それで売り上げも十分でしょうし、一時的な話題にもなりますし。
というわけで、今日はこの辺で。またあした~。
  1. 2012/09/06(木) 22:35:50|
  2. 日々の呟き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魔女狩り・ヘンゼルとグレーテル

新作映画ー。
お菓子の家に連れて行かれたヘンゼルとグレーテル。
助かった2人は、魔女ハンターになりました、まる。 そんな映画だとか。

あ、結構ぐろいので、見る人はちょっとご注意ください。



お兄ちゃんのヘンゼル役は、ジェレミー・レナー!
ホークアイですよホークアイ……あー、弓は妹でお兄ちゃん銃器使いなのね。

そんな感じで、今日は縮小更新。またあした。
  1. 2012/09/05(水) 23:59:59|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徒花のようなアメコミ映画たち

avengersamuaria831021.jpeg


戦国アベンジャーズ、どれが誰だか分かるかな?w
元記事はこっちですな。> THE AVENGERS Reimagined as Sengoku Samurai Heroes

キャップ……大将なのはいいんだけど、傘なんだ……
あと、鷹匠でホークつながりとか、日本語的にもしっかりしてて素敵。ブラックウィドウ=クモとか。
個人的には、背中の『盾』紋がすてきなフーリュー長官が素敵すぎます。


さて、今日はまた別なアメコミ映画の話をしようと思って……
あ、そうそう、相方さんから訂正が一つあります。相方さん曰く、
「インクレディブルハルクのヒロイン役のリヴ・タイラーがキライじゃ無いのです
 クッキー・フォーチューンのエマ役素敵だったし。」
とのことです。

さて、続きは追記で。リーグオブレジェンドとかの話でも
[徒花のようなアメコミ映画たち]の続きを読む
  1. 2012/09/04(火) 23:27:18|
  2. 文章・考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒーローの誕生とは

アメコミ夜話! まだまだ続きますよ。
今日紹介するのはグリーンランタンの作品世界に出てくる別のヒーローについて。
グリーンランタンはそこまで詳しく無いのですが、オースが好きなので~
紹介するのはスターサファイア。
グリーンランタンの緑の光が「意志の力」を原動力とするように
スターサファイアたちのリングは、紫の光を使い「愛」を原動力とします。
その他、映画でも出てきた黄色は「恐怖」
青は「希望」赤が「怒り」などなどいろいろ出てくるそうですね。
で、宣誓の文句、オースはというと

For Hearts Long Lost. And Full of Fright. (長い孤独の中で、恐怖に満ちた心よ)
For Those Alone In Blackest Night.     (暗い闇の中で、孤独な人々よ)
Accept Our Ring and Join Our Fight      (我らの指輪を受け取り、戦いに参加せよ)
Love Conquers All ---- With Violet Light!  (愛は全てを征する  バイオレットの光によって!)

これもなかなか格好いいオースですよね。

……グリーンランタンのソリッドライトを見てると毎回思うんですが、
超新星フラッシュマンのグリーンフラッシュが使うプリズムカイザーって
グリーンランタンっぽいですよね~。
[ヒーローの誕生とは]の続きを読む
  1. 2012/09/03(月) 23:59:59|
  2. 文章・考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。