雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

このごろ都にはやるもの

夜討ち・強盗・偽綸旨……というわけではなく。

最近、ちょっといやんな性格の人を回りに見かけるようになりました。
どんな性格かというと……オタクです。

あ、石を投げないでっ! オタクといっても困ったオタクです。
いわゆるオタク……こういう決め付け方はどうかと思いますが、今回は一応“サブカルチャーを好いている者”としましょう。
それならば、私はもちろんオタクです。
ライトノベルも好きですし、漫画もたくさん持ってます。
アニメについても知識はありますし、テレビゲームもします。

……が! ちょっと迷惑な人はちょっと違うのです。

私はオタクな物も好きですが、そのほかの物も同じぐらい好きです。
その上で、どっちが優れているとかは考えません。
同じぐらい好きで、どちらも良いものだと思います。
なので純文学至上主義者とかにライトノベルをけなされたりすると、思わず黒魔術を駆使して呪いたくなります。

で、話は戻しますが、迷惑だと思う人がどういう人かと申しますと……

オタクな世界でしか話を合わせられない人です。
趣味がオタク方面だけ、という意味ではありません。
どんな人が相手でも、オタクな対応しか出来ない人です。

目上の人と話す際にはそれなりに礼節を尽くすのが当たり前です。
ですが、オタクオンリーな人はそれが出来ません。
たとえばスポーツの話をしている時には、話題が分からなくても質問するなり、理解することは出来ます。
ですが、そういう人は明らかに不愉快な顔をするか、無理やり自分の分かるオタクな話に持って行こうとします。

んで、具体例です。
その人は、いわゆるvipperというものらしいのです。
あまり詳しくないですが、掲示板なんかでは面白いのもありますし、別にいいのですが……
その人は、実際に人と話す時も
「え、それテラワロス」「ちょ、おま」「うぇ」「ワクテカ」
正直vipとかを知らない人にとっては意味が分からないでしょう。
まわりの人がみんな分かるわけ無いのでもちろん浮いています。
ですが、そういう人は分かってくれる人しか相手しないので、ある程度知識ある人に寄ってきます。

仲間内でたまに盛り上がっているのなら私も問題ないのです。
ですが、いい年の大人が一部の人にしかわからないようなことに固執して、しかも相手してくれる人としか会話できない。
由々しき問題だと思うんですけどね…

時と場所をわきまえて、空気を読むことぐらいはオタクでも出来て欲しいものです。
まぁ、人の振り見て我が振り直せといいますし、いい反面教師になりました。

今日はこの辺で。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/14(金) 23:08:35|
  2. 日々の呟き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ごがつびょお | ホーム | にわかに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/114-44f44e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。