雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

密林の夢

最近マヤ文明について勉強する機会がありました。
なんとなく、中米にある神秘的な文化~なんてぼんやり思っていたのですが、勉強してみていろいろと気づかされました。

一番の思い違いは文化のレベルに関してです。
マヤは石器のみを使い金属器を使用していないのですが、それは文化レベルが低かったということではありません。
金属器を必要とせずに、巨石建造物を作り高度に文化を発展させた文明だったということです。
限られた材料を使って、高度なレベルに達するというのは非常に難易度の高いこと。
つまりマヤ文明は世界有数の高度な文明だということです。

日本では、メディアがあおるため古代文明は神秘やオカルトといった粉飾で塗り固められてしまいますが、そういった幻想を払って真実の姿を探すのも重要なことだとあらためて痛感しました。

と、たまには真面目なことを。
学問の秋ですしね。
ということで、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/01(日) 02:35:21|
  2. 日々の呟き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガラナの誘い | ホーム | 秋といえば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/133-23dd3bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。