雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三題話 02

三題をどうやって決めるかというと。
辞書を適当に開きます。
そして名詞を三つ、適当に選び出すのであります。
さて、今日も時間制限は15分。
今日の御代はなんでしょう……
【郵便局、化学、ラグビー】

……どうしろと(汗)
ともかく、開始!
『届け物』

始まりのあるものはやがて終わりを迎える。
そう、人の文明もその定めからは逃れられなかった。
ある日、小さな火種が燃え上がった。
それはいつもと同じような小さな争い。
しかし、見る見るうちに世界を飲み込む戦乱となり……。
そして、人類は今、死に瀕していた。

文明は滅びれど、生存者はまだまだ残っていた。
“化学”兵器の濫用の果てに生まれた魑魅魍魎が跋扈する荒野、その地下で。
しかし、人は一人では生きられない。
強靭な肉体と不屈の精神を備えた本物の戦士、彼らは日夜働く。
そう、荒野を駆けて手紙を運ぶ“郵便”局員として……。

「隊長、俺この配達が終わったら……結婚するんすよ」
そんな話を喋っていた部下の一人は、あっけなく異常進化したカラスにさらわれてしまった。
気を抜けば一瞬の後に命は無い。そんな冷酷な荒野を俺たちは行く。
今の俺の相棒は、元ラグビー選手のタフガイ、アダムスだ。
前の相棒にして部下のリチャード、その恋人に彼の遺書を届けるのが今回の俺たちの任務だ。
こういうときには、アダムスの無口さがありがたい。
今まで何度もやってきたことだが、この届け物だけは何度届けても気が重い。

しかし、今日も今日とて仕事は続く。
文明は消えたとしても絆は消えない。
人が人として行き続ける限り、この仕事に終わりは無いのだ。






時間 14分
ぎりぎり……またしても反省が山盛り。
ってか、化学って言葉なんてこじつけ以外の何者でも無い気がする。
ラグビーも無理やりだし。
ってことで、今日はポストマンな話を。
評点 45点。明日はもっと頑張ろう。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/09(金) 00:32:23|
  2. 文章・考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生存報告 | ホーム | 三題話 01>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/154-0dfe31c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。