雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

惚気日記3

3日目ー

今日、相方さんは帰ってしまうので名残惜しい一日が始まります。
とりあえず今日も今日とて早起き?をしてバイキングに。
昨日の朝、食べ過ぎたことを考慮して、上手く作戦を練って出撃です。
とりあえず、好物を厳選してぱくつき。
ホテルのバイキングは、あまりはずれがないので良い感じで有ります。

ホテルのチェックアウトは無情なもので、最終日はとっとと帰れとばかりに、早々に退出なのです。
なので、大荷物の相方さんと一緒に二人でわたわたお片づけ。
たった二日の仮の住まいに名残惜しみつつ別れを告げつつ。
忘れ物をしていないか確認に確認を重ねて出発であります。

そして、この日はお昼ごはんに悩みつつ。
ケーキを買うのが確定だったので、ケーキだけで良いや と♪
ケーキをごそっと買いつつ、今日も今日とてフルーツケーキファクトリー。
あまり時間はないので、ケーキを食べたりのんびりしたり。

ということで、札幌から空港に向かいます。
空港では、かなり早めにやってきて、お土産で悩むのがいつものパターン。
出発の手続きをさくっと済ませて、荷物はすでにコンビニから送ってあるから軽装で。
お土産屋さんをうろうろ回りつつ。
今回の衝動買いは幾つか。
ペアのマリモと二人で妙に気になった幸運の切符キーホルダー。
こういったちょっとミーハーなものも、思い出だと思って買うと楽しいものであります。
そしてお決まりのお土産、ご当地限定のお菓子やら、白い恋人やらを買って。

そして今回のちょっとした思い出は。
相方さんに、お土産ながら可愛い指輪をプレゼントできたことであります。
気に入ってもらえたようで、何よりうれしく。

まいどながら帰ってしまう時はさびしく、ぎりぎりまで手を振っていたりしました。
そして相方さんは無事に故郷に帰りついたようで。
こうしてぷち旅行は終わったのでありました。
このとき養った英気でなんとか次の時まで耐えるのであります。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/09(土) 23:59:59|
  2. 惚気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トロ | ホーム | 惚気日記2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/167-b83ef6dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。