雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楽しいことをぼやく

皆さんはテレビを見ますか?
私はあんまり見ませんが、いくつか好きな番組が存在します。
というか、どちらもリアルタイムでは見にくいので、
DVDを買ったり借りたりして見るわけですが。
それは、『水曜どうでしょう』シリーズと『ゲームセンターCX』シリーズであります。

説明は必要無いと思うのですが、両方ともなかなかに特徴的であると思います。
水曜どうでしょうは札幌在住の時に普通に見ていましたが、
池方の深夜番組が、口コミで広がり全国的に有名になるといったらしく
ゲームセンターCXは、CS放送ながら、かなりの人気を得て
DVD等の売り上げも好調だということです。

これらに共通するのは、DVDが売れるというコトでしょう。
ですがさらに、私が内容面での共通もあるように思います。
それは、出演者自体が番組の魅力を担い、さらに言うなら、
出演者のぼやきが人気なのだということです。

水曜どうでしょうは、サイコロの旅なんかが有名でしょうか
サイコロの容赦ない結果に対して、
ぶちぶち文句を言いつつ旅をする大泉洋氏や鈴井貴之氏が
ゲームセンターCXでは、ゲームを前に死にまくりつつ
ぼやきながら、なんとかクリアしようとするというかたちであります。

現在、テレビ番組は、トーク番組やクイズ番組が強いように思います
どちらも、出演者が重要となる番組であります
お笑い芸人が、売れては消えする時代のようですので
流行りの芸人を起用して視聴率を稼いでるように私は感じます

ですが、こうした特定芸能人の、しかもぼやきを楽しむ番組というのは
その対局なのではないでしょうか。両方ともかなりの長期続いています。
また、同じようなぼやき系の番組としては
『タモリ倶楽部』なんかも一例かもしれませんね。

で、ここからが本題なのですが……
長いのでまた今度(笑)

●今回のまとめ
ぼやき番組は、DVDが売れる=ソフトとしての魅力がある
出演者(主役)である芸能人個人の魅力と相まってファン層を形成するから
長続きし、ソフトが売れ続け、スピンアウト商品すら売れるという
良い状況を形成していると考えられる
だが、これは狙って形成できるものではない
番組の内容と出演者の行動、ぼやきの内容
いろいろなものがかみ合ってこそ始めて成立する奇跡なのだと言えるだろう


★次回予告
こうしたぼやき番組は、すでに模倣される段階にある
それは、テレビではない。動画配信サイトにおいてである。
テレビ局が狙って作ることの出来ないぼやき系番組は
縮小&再生産のトライ&エラーを行いつつ
ニコニコ動画のゲーム実況に代表されるジャンルにおいて
現在試行錯誤が続けられているのではないだろうか?
スポンサーサイト
  1. 2010/02/23(火) 23:59:59|
  2. 日々の呟き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジョン&マリー 2人は賞金稼ぎ を読んだ | ホーム | ダンテの地獄ぶらり旅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/241-c6d87cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。