雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンコンチキのバーロー岬!

ってことで、コレでわかる人は仲間。
とある映画を見てきたのでその感想です。
タイトルの通り、映画は一日に公開された『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密
原作のタンタンの冒険シリーズ、結構有名ですよね。
絵本好きの自分も一応、数冊読んだことがあったと思います。
これって、ベルギーのバンド・デシネの作品なんですね。
小さい頃読んだ時はそういうこと意識しないもんですが、今となると気になるところ。
エンキ・ビラルやメビウスの作品も読んでみたいですね~

と、閑話休題。
自分は知っていると言っても、せいぜい数冊読んだ程度、しかも記憶はだいぶ薄れています。
んで、「へー、映画化するんだ。こういう3Dのも最近は良い出来だよねー」とか考えてました。
ポーラーエクスプレスとか、あの手の映画も好きだったのですけど、見に行く予定は特になしと。
ですが、相方さんは、実はタンタンの冒険の大ファンだったのです(笑)
んで、たまたま映画公開初日、遊びに行ったのですが、つれられて映画館へ行って参りました。

……こうして不意打ち気味に見に行ったわけなのですが、すばらしい出来でした!!
この年の瀬に、今年の映画トップ3に入るほどの映画に会えるとは! 
ということでネタバレ感想は追記に
今回の映画、原作からは相方さん曰くちょこちょことと変更点はあるとか
ですが、相方さんも見終わってから大満足&大興奮だったので、ファンでも問題ないようです(笑)

私は原作に詳しく無いので、ほとんど話を知らないで映画を見ることになったのですが
原作を知らないでも引き込まれる魅力がありました。
あの独特のCGの質感や造形が苦手な人は仕方ありませんが、私からすると絵本の雰囲気を失わず、
さらに、アクションの妙や独特の存在感を兼ね備えた良い出来のCGだと思います。
そして、映画の展開。
船の模型を手に入れ、その秘密に気づき調査開始、次々つながる謎と新たな発見。
はらはらするアクションに、気の利いた解決、そして笑いと派手な演出。
どれをとっても見事の一言。展開の早さとその盛り上がり、見せ方には感激するほどです。
主人公たちのキャラクター描写も見事。
主役のタンタンの行動力、ハドック船長のお茶目さ、そしてスノーウィの可愛さ!!
……スノーウィに見とれて、ほかの場面を見逃したことは一度や二度ではありません。
もう一度、見に行こうかと思うぐらいおもしろい映画でした。

で、冷静に考えていくつかおすすめポイントを。
この映画、原作3冊分の内容を一つにまとめているそうです。
だからなのかはわかりませんが、話がとても濃密。眠くなるような展開は一切ありません。
新しい展開に次ぐ展開! ですが、無理矢理では無く流れるように見事に展開します。
そして、激しいアクションと派手さがありながら、ほとんど血なまぐさくありません。
銃撃戦もありますし、派手な立ち回りもあります。ですがそれほど痛々しい場面ないのです。
手に汗握る興奮はあっても、恐怖や心臓に悪い驚愕は感じられないでしょう。
そういう点では私にはまだ子供はいませんが、いたら是非一緒に見に行きたいと思うような作品でした。
……こういう映画を一緒に見に行ける彼氏彼女がいる人は、是非行くといいのではないでしょうか(笑)

モーションキャプチャーによるCG映画には批判的な声があることもわかります。
ですが、今回タンタンの冒険で、CG映画の利点が最大限活かされているように思いました。
巧緻な画面構成の中に見苦しさは無く、すべてが作られた映像であるが故にその情報量が適度。
つまり、画面の見やすさが高いということですね。
もちろん、画面の中央でわいわいと立ち回る船長とタンタン、画面端でちょろちょろするスノーウィ
そのスノーウィの行動がかわいくて、画面中央を見逃す なんてことはありましたが(笑)

まぁ、言葉を重ねても映画が終わった後の満足感は表しきれません。
2時間弱のそれなりに長い映画でしたが、飲み物を飲むのも忘れて見入ってしまいました。
とてもすばらしい映画だったので、この年の瀬、見に行くのをおすすめしますよ。
損は無いと思います! とりあえず、予告編を見てみて、おもしろそうだと思った人は是非映画館へ。
3Dでなくてもおもしろかったですし、実はもう一度行くなら3Dで見たいところです(笑)



そうそう、タンタンの冒険、原語はフランス語だとか
んで、フランス語表記だと TINTIN ……ティンティンですな
今回英語音声日本語字幕を見たので、ティンティンと呼ばれてましたねぇ。
ですが、これ、フランスだと読み方はタンタンなのですよ
アルセーヌ・ルパンのスペルはLUPINですがルパンですよね?
フランス語ではINはアンと読むのですよ。
なので、なんでティンティンじゃなくてタンタンなの? というのは
日本語読みすると、小学生男子がキャッキャと喜ぶからでは無く(笑)
原作準拠だから、というわけらしいですな。ということで蛇足終了
スポンサーサイト
  1. 2011/12/02(金) 23:59:59|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12/26のツイートまとめ | ホーム | 11/15のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/286-2894d070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。