雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒーローの誕生とは

アメコミ夜話! まだまだ続きますよ。
今日紹介するのはグリーンランタンの作品世界に出てくる別のヒーローについて。
グリーンランタンはそこまで詳しく無いのですが、オースが好きなので~
紹介するのはスターサファイア。
グリーンランタンの緑の光が「意志の力」を原動力とするように
スターサファイアたちのリングは、紫の光を使い「愛」を原動力とします。
その他、映画でも出てきた黄色は「恐怖」
青は「希望」赤が「怒り」などなどいろいろ出てくるそうですね。
で、宣誓の文句、オースはというと

For Hearts Long Lost. And Full of Fright. (長い孤独の中で、恐怖に満ちた心よ)
For Those Alone In Blackest Night.     (暗い闇の中で、孤独な人々よ)
Accept Our Ring and Join Our Fight      (我らの指輪を受け取り、戦いに参加せよ)
Love Conquers All ---- With Violet Light!  (愛は全てを征する  バイオレットの光によって!)

これもなかなか格好いいオースですよね。

……グリーンランタンのソリッドライトを見てると毎回思うんですが、
超新星フラッシュマンのグリーンフラッシュが使うプリズムカイザーって
グリーンランタンっぽいですよね~。
で、今日のネタは、ヒーローの誕生についてです。
アメコミ映画の1作目って、大体そのヒーローがどうやって誕生したのか、という話ですよね。
ヒーローがヒーローとして自覚する。
能力の覚醒や、修行とか。発明やヒーローの自覚なんかがテーマになりますよね。
最近の映画では、アメイジングスパイダーマンとかも良い誕生物語でしたが、
やはり、ヒーローが誕生する瞬間というのは、すばらしく興奮するシークエンスですよね。

で、今回はその誕生に関して深く掘り下げたような映画をご紹介
シックスセンスの監督、ナイト・シャマランによる映画「アンブレイカブル」です。
あれは、ヒーローの誕生と、その覚醒。
そして同時にヒーローの存在意義やその敵、ヴィランの誕生に関しても描いていると思うのです。
アメコミ映画ではありませんが、アメコミ映画を見る上で重要な要素と示唆に満ちています。

映画を見ていることを前提にお話ししますのでネタバレになりますが。

主人公ディヴィッドは、ヒーローであり、ヒーローとして覚醒し、そしてヒーローとして活動します。
これは、アメコミ映画の基本的な要素ですよね。
ですが、映画では、それがアメコミコレクターのイライジャの導きによって発生するわけです。
全身の骨が弱く、人よりも弱い自分がいるのだから、真逆の人間。超人がいるのでは
そんな想いからイライジャはヒーローを探し、そして見つけ出すのですが
それを探す方法は、無差別に事故を起こし続け、それを生き残った人間を探すことだったわけです。

その結果、イライジャはミスターグラスとその病気から渾名を付けられ、
自分が、アメコミのヴィランとなっていることを自覚するわけです。
ヒーローの誕生と同時に、ヴィランの誕生物語でもあるわけですね。

あの映画、衝撃的な結末とかが取りざたされますが、
アメコミの要素を昇華した作品であると見ると、また違った形で楽しめますよー

……あの映画で、ミスターグラス=イライジャを演じたのはサミュエル・L・ジャクソン……
それが、S.H.I.E.L.D.の長官になるとは……(笑)

アメコミには、星の数ほどヒーローがいますので、
次の記事ではこれから先、映画やドラマなどで注目されそうなヒーローについて語ってみましょう~

そういえば、最近ルーク・ケイジ役に、プロレスラーのザ・ロック
ドウェイン・ジョンソンが立候補したとかいう話が。
確かに良く似合いますよね。
このルーク・ケイジ。 ニコラス・ケイジのケイジはこのヒーローから取られてるそうですね。
ニコラスケイジはアメコミファンとして有名ですし、息子の名前もスーパーマンから
カル=エル と名付けたそうな。ここまで筋金入りなのは凄いですね。
なので、ゴーストライダーはかなり好きだったり~


…また脱線しましたが、今日はこの辺で。
ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/03(月) 23:59:59|
  2. 文章・考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<徒花のようなアメコミ映画たち | ホーム | 映画『アベンジャーズ』感想 続き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/297-029fb726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。