雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小市民な探偵 パーネル・ホール「探偵になりたい」感想

最近、気候が安定しませんね。
暑かったり寒かったり、台風が来たりといろいろ大変なことでしょう
どうぞ皆さんご自愛くださいませ

さて、外に行こうにも天候が許されないときは読書のチャンス
……素晴らしき電脳世界とニンジャたちの闇を描く『ニンジャスレイヤー』……
ではなく(笑)
名作の『探偵になりたい』 著者はパーネル・ホールですね

ミステリ系の名作は数が多く
恥ずかしながらこのシリーズは名前しか知りませんでした。
相方さんに貸して頂いたので、さらっと読んでみまして
なかなかに軽妙洒脱で面白い。これは継続して読まねば、という感じ

追記の方に詳しい感想でも。
探偵になりたい…主人公は探偵ですが、ライセンスだけの探偵さん
小説家志望だけど目がでない妻子持ちの気の良いおっちゃんです
お仕事は、弁護士の使いっ走り。事故調査を行ったり時には契約を取ってきたり
まぁ、アメリカンな損害賠償請求に特化した弁護士の手先、というところでしょう(笑)

で、この主人公さん、なかなかにウィットに富んでる人なのが
文章や会話から伝わってきます。ですがとことん後ろ向き
日頃の収入が少ないことをぼやいたり、奥さんとの関係をぼやいたり
キャッシュカードの限度額に戦々恐々、治安の悪いところは近付きたくないと文句言ったり

まぁ、マンハッタンの探偵、という言葉から感じるイメージとは正反対ですね
ですが、さすがに物書き志望な上に、曲がりなりに探偵を名乗る彼
主人公のスタンリー・ヘイスティングス氏はなかなか誇り高き人物であるように思いました
本当は存在しないのだと断ずるハードボイルドな探偵たちの事を思いつつ
自分の矜持とプライドを賭けて、事件の捜査を行います
まぁ、その途中の紆余曲折や右往左往っぷりも中々で
ハードボイルドとまでは行かなくても半熟レベルのかっこよさ

さらに、ハードボイルドには付きものの、暴力と愛もほどほどに含まれております
ってか、奥さんと仲良しなのは良いことですし
ハードボイルドを気取ってみながらも、奥さんの文句に辟易してたりと
偽ハードボイルド的な感じは素敵です
パワーはないけどひらめきと技なら自信がある! なのに、ピンチ続き
上手くいった! と思ったら、本物ならこんな失敗しないよ としょんぼりする失敗がとか

ともかく全てに置いて、なかなかに好感のもてる探偵と作品世界でした
大満足。ということで次は続刊を読まないと……

忍殺の感想は、無理そうだからいいやw
ということで今日はこのへんで
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 22:28:59|
  2. 読書感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日常へと復元 | ホーム | 学園モノの利点に関する考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/306-0480d4d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。