雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

強さの理由にスポーツはいかが?

さて、私はWTRPGのマスターなんぞをやっているわけで
キャラを考えるということが多々あります。
そんな中で最近オススメの事が一つ。

エリュシオンのような現代舞台の世界観+敵との戦闘という世界では
高校生などの若者キャラたちは、武器を手に戦うことでしょう。
その時に、なぜ戦闘力があるのか、の理由付けをすることがあると思います。
古くから伝わる古流武術の継承者だとか
わかりやすいのは、そういった「直接格闘・戦闘に関わる経歴」がある場合です。
ですが、一つ捻ってみましょう。

格闘技や戦闘技能とは一見無関係なスポーツ出身という設定はどうでしょう?
短距離走出身で足には自身がある、とか。
バレーボール出身で跳躍からの強打が得意、とか。
サッカー経験から繰り出されるケリが強烈、とかでしょうね。

……昔、逆のパターンですが
ムエタイ経験者故に、強力なシュートを撃つサッカー選手というのが
リベロの武田というマンガに居たような……まぁ、それは置いておいて。



たとえばこれ。
くねくねだったりロボットダンス風だったりのダンサーたちの映像ですね
ダンスというのは、そもそも決まった姿勢を維持するためにかなり筋力が必要とか。
そのため細身に見えて彼らはかなりのパワーがあるそうです。
そういう来歴のあるPCが戦闘を学んだ、というようなキャラは面白いかも知れませんね。

友人に、アクション映画を撮ったり出演してたりするスタントマンがいるのですが、
彼はコネで、とある著名なダンサーにアクションシーンへの出演を頼んだそうです。
その相手は実は、世界的に有名なダンサーだったのですが、頼んだ役職はなんと敵役w
ですが、流石ダンサー。立ち姿から動きの一つ一つのキレや決めが素晴らしかったとか。
自分の動きをコントロールする能力に非常に長けていたそうで
動いて欲しいとおりに動いてくれる上、覚えも良く、繰り返しても動きがぶれないとか。

本気でスポーツをやる人間の底力を見た気がしますね。
相方さんは剣道をやっていたそうですが、
剣道をやっていた人は総じて姿勢がしゅっとしてる気がしますねぇ

こういう要素を入れ込んで、PCの個性を出してみるのもいいかもしれませんね

では今日はこのへんでー
スポンサーサイト
  1. 2013/01/18(金) 15:17:14|
  2. 文章・考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生きる上で絶対に必要なもの | ホーム | 新年のご挨拶>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/311-93eb0125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。