雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生存に最も必要な力とは

『生存』
これは作品において重要なテーマとなり得ます。
最近、ゾンビを題材にしたゲームや映画、作品も多いですしね
そういう作品では、崩壊後の世界を生き抜くというのがテーマになるのです

いろいろな作品がありますね
世紀末覇者な感じな、モヒカン雑魚相手にひゃっはーとか
地球最後の男になったり、極寒のニューヨークでサバイバルしたり
ゾンビや、ミュータントに襲われたり……

で、私はボーイスカウトで長く活動したことがあり
海外派遣とかもしたことがあるので、サバイバル生活は得意な方だと思います
糸と針が非常に重要だったり、靴下は大量に確保すべきだとか
ですが、最近、そのてのサバイバル作品やゲームを見てると思うことが一つ

最も重要な力、それは『握力』であると!

……なんでそう思ったのかというと
なぜかこの手のサバイバルゲーム、映画なんかだと
崖やら建物のヘリやら、ヘリコプターの着陸部やら
飛びついて掴んで、体を引っ張り上げるシーンがとても多いのです

いわゆる、手に汗握るシーンですね
クリフハンガーだったりダイハードだったり
この手の掴まって這い上がるシーンというのは、
緊張とダイナミックさに満ちたものなのです
ですが、実際の所、今の自分がそういう状況になって
映画のように懸垂の要領で這い上がることって出来ると思いますか?

……体重やら腕力やらいろいろな要素があるでしょう。
懸垂は学生の時分、それほど苦手ではなかったですが、それでもあの状況は
ちょっと難しいのではないかと思います。
作品によっては主人公が軍人だったり、マッチョだったり
ああいう動きが余裕の人種も多いでしょう。
ですが、自分にはあれはちょいと無理な気がするので……
サバイバルな状況になったらピンチなんだろうなぁ と思ったりしたのでした。

……なんで急にこんなコト語り出したんだろう自分……
まぁ、サバイバルよりのんびり、白子ポン酢でいっぱいやる休日の方が好きですね
ということで今日はこの辺で
スポンサーサイト
  1. 2013/01/26(土) 23:29:35|
  2. 文章・考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バックアップって大事よね | ホーム | あざとさ肯定論>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/314-78248940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。