雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の終りの散歩道

さて、日曜日はあまりにだらだらとしすぎて書くことがなかったのは記憶の片隅に封印しつつ。

今日は、昼過ぎから長めのお散歩にいってきました。
チャリもよいのですが、今日は歩きで‥‥まぁ、ちょっとあつかったですな。
何故に散歩かというと‥‥ネタ探しです。

たとえば文章を書く前に、ぶらぶらと散歩。
頭の中でもやもやと固まらなかった文章がふいに形になることがあります。
ということで、ネタに詰まったら散歩。これが“まいふぇいばりっと”でございます。

‥‥まぁ、本気で詰まったときには、画面の前でじたばたしてるのですが(笑)

健康にもいいはずですし、一石二鳥ですなー
さて、そこで唐突ですが。
私の文章作成術について語らせていただきましょう♪
他の人がどうやって小説書いているのだろうか? とふいに思ったからでして~
ま、遠慮なくコメントなりトラックバックなりをどうぞー

文章製作術については追記でどうぞー
文章作成術‥‥と銘打ってみたものの、別に大したことないです♪
もっと簡単に、私が小説を書くときの方法‥‥といったほうが正しいでしょう。

他のみなさんがどんな風に小説を書いているのか分からないので、あくまで自己流です。

まず最初に用意するのは、世界とキャラクターです。
世界と言っても“セカイ”系とはちょいと違います。
いわゆる世界観という奴です。
現代にするか、中世にするか。ファンタジーにするか、SFにするか。
もちろん単純な二分法で分けられるのではなく、重層的に様々な設定が含まれるのですが。

ともかく、一番初めに世界を決めます。
このときに私が気をつけていることがあります。
それは既存のモノとは少し違っているけど入り込みやすい世界にするということです。
あまりにも特異で設定が細かい世界は、時折分かりにくい。
かといって、どこかで見たような設定はやっぱりつまらない。
“ああ、どっかでみたことあるけど‥‥そこでそうくるかっ!”と言った感じです。
そんなこんなで、ちょっとした独特なアイディアを盛り込んで私の世界設定は完成します。
これにて小説の “舞台” の準備が完了です。

例を挙げて考えて見ましょう。頭の中はこんな感じです(笑)
>どんな時代にしよう?
・科学力の発達と魔法の存在が共存する時代
>それじゃぁ、人々はどうするだろうか?
・魔法を使える人々は選民思想に凝り固まり、強大な帝国をつくる
・魔法が使えない人々は、科学力にすがり民主国家を作る。
 →そこでは蒸気機関が超高度に発達する
>真っ二つに割れると‥‥そうしたらどうなるだろう?
・反目しあうお互いの勢力
・過去幾度も大きな戦乱が起こりお互いの国家も疲弊している
>それじゃぁ、戦記ものになるな‥‥さてどうしよう?
・共通の敵が突然現れて、双方の勢力がしぶしぶ協力する。
>おお、それならきっと主人公らしいキャラクターが生まれる!
・突如現れた新たな敵を前に、協力し始めた主人公たち。
 →中心人物が双方の陣営から各1人で主人公は計2人。
  男女のコンビがいいかな?

あとは細かい設定を付け足していくわけです。
・魔法サイドでは、高度に魔法が発達。魔法力が強いほど地位が高いという実力主義。
 →魔法力は生まれ持っている。
 →魔法は個人固有の力で、個人差が大きい‥‥とすれば貴族的なのが多いかな?
・科学サイドでは、銃器と蒸気で動くパワードスーツみたいなのが発達。
 →使うのは訓練の成果だから、主人公は努力家かな?
・共通の敵は科学でも魔法でもない
 →単純な暴力や、無形の恐怖の権化みたいなのが適当かも。
 →憑依型の生命体で、魔法も銃も吸収すればつかえるようになるとか‥‥
 →なんにでも憑依してしまう不定形のゲルみたいなのに決定~

続いては主人公キャラクターたちの肉付けですが‥‥
長くなりそうなので、また今度(笑)
スポンサーサイト
  1. 2005/08/29(月) 19:39:37|
  2. 文章・考察
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<お買い物とか | ホーム | カウンターとか実はあるんよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/5-2b594e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

想像と創造と

ミッドナイトサマーシナリオが始まりましたよ。 う~ん…白樺の翁MSが居ないなぁ。
  1. 2005/09/03(土) 01:50:41 |
  2. バーサーク大和撫子

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。