雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本を買ったりしつつ‥‥

A「なぁ、カレー風雑煮ってどうよ。カレーベースのスープに野菜と鳥肉で餅を入れれば……」
B「それ、餅の入ったスープカレーじゃん?」
A「………あ」

戯言はさておき、今日の日記です。


お給料日の後、いつもより少し温かい財布を抱えた僕は本屋へと足を向けた。
特に買う予定の本があるわけではない。
だけど、ちょっとだけ余裕があるからなにか一冊買おうかな、と思い立ったのだ。
本好きの人間なら分かってくれるかもしれないが、活字中毒者はこんな瞬間が幸せなのだ。

身を切る冷たい風が吹く中、小さな書店をぐるりと見回す。
まずはちょっとコミックスを横目で見る。
ん、BLEACHの20巻買い忘れてたかな。でも保留。
早くチーズスイートホームの三巻でないかなぁ……それにしてもチーかわいいなぁ。
でも、今日は活字の気分。さっさと漫画のコーナーは後にして新書のコーナーに。
舞城王太郎や伊坂幸太郎にちょっと惹かれつつも、我慢。
“つんどく”がまだあるし推理やミステリーの気分ではないのだ。
田中芳樹の筆の遅さにやきもきし、茅田砂胡も数冊買いそびれていたのでまたの機会。

やっぱり落ち着く先は、僕の愛する出版社のとあるジャンルの棚の前。
ハヤカワSF!!(ぉ

ということで、タフの箱舟シリーズで惚れたジョージ・R・R・マーティンの本を見つけて即買い。
『サンドキングス』
ついでに近くにあった『啓示空間』にも手を伸ばす。
気になっていた本が二冊同時に手に入ったのだ。

ああ、楽しみにしていた本が手に入ることに勝る喜びはない♪

こうして僕は、幸せな気分で家路につくのであった……


だけど、意外に読む時間は無いのですよ……。(オチ
スポンサーサイト
  1. 2006/01/11(水) 23:59:59|
  2. 読書感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<感想とかもらうと嬉しいけど…… | ホーム | ……(マジで怒れる五秒前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/57-cb9b724d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。