雪端為成の書斎

足りないのは小手先の描写力ではない、現実をも超える想像力。
Sound Horizon『天使の彫像』より
I write my first draft with my heart. THEN, I rewrite with my head.
映画『小説家を見つけたら』より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢とかありますん?

どっちだよ!<ありますorありません=ありますん

ともかく、皆さんは夢とかってありますか?
まぁ、こうして若輩ながら文章を書かせてもらってるのは小さい頃からの夢でした。
ということで、今日は私の昔の思い出話なんぞを(笑)

思えば、読書というか活字に触れるのが楽しいと思ったのはとても小さい頃でした。
母がたくさん絵本を与えてくれたのも影響しているのでしょうか?
センダックやトミー・デパオラなどの外国の絵本や、ぐりとぐらみたいな有名なものまで沢山読みました。
想像力が豊かな子どもだったんですかね? ファンタジーというか、夢のようなお話が大好きでした。
自分で本を読むことの楽しさを覚えたのは『ナルニア国物語』でした。
母が毎夜聞かせてくれていた幼稚園のころ、いつまでたっても進まないので、小学生になる頃には自分で読んだほうがいいことに気付きました(笑)

ということで、小学生になったころには本をひたすら読みましたね。
ナルニアの世界で遊び、もちろんミヒャエル・エンデの『果てしない物語』も好きでした。
最初は簡単な本。次には子供向けの名作全集とかを片っ端から。
ヴェルヌの『二年間のバカンス』やデフォーの『ロビンソンクルーソー』で冒険に憧れ、『ルパン』に『名探偵ホームズ』でスリルとサスペンスにはまり込み、灰谷健次郎の全集を突然読み始めたり、谷川俊太郎の詩に感銘を受けたり。
それからはもう乱読の一途です。
SFはなぜか家にゴロゴロあった上に、妙なセレクションでした。
アシモフはもちろん嵌りましたが、フレデリック・ブラウンの軽妙な文体やレイ・ブラッドベリの静かな迫力を毎晩楽しみにページをめくったものです。

それと並行するように学校の図書館にあったライトノベルにも手を出しました。
富士見ファンタジアの『スレイヤーズ』から始まって、今ではなんか山になってます。
まぁ、ライトノベルはおやつってところですね(笑)
その後、司馬遼太郎ぐらいしか読んでない時代物で、相方からの啓蒙ではまり込みます。
ファンとしてはまだまだですが池波正太郎先生の『鬼平犯科帳』と『剣客商売』は全部集めました。

そして、読書好きの日々は続くのです……
本好きなら必ずぶち当たる問題、それは本を買うための資金とおき場所です(笑)
本が溢れるのは嬉しいんですがねぇ……
とかく漫画とライトノベルは場所をとりますし、本は増える一方ですし。

ということで、将来的には書庫がある家に住もうと固く誓うのでした♪
お、豪邸建築という新たな夢が一つ発生(ランクアップしてるじゃん
まぁ、追々夢に向かって邁進することにしましょう(笑)
スポンサーサイト
  1. 2006/01/13(金) 23:59:59|
  2. 文章・考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ささやき いのり えいしょう ねんじろ! | ホーム | 感想とかもらうと嬉しいけど……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seppa.blog21.fc2.com/tb.php/59-9785b20e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪端為成

Author:雪端為成
名前;せっぱ ためなり
性別:男
属性:混沌にして善
主食:すあま

リンクフリー

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。